ライン

厳冬期日本海の釣り海アメ開幕

ライン


 12月10日 雪

 北海道道南の12月は渓流の釣りは出来ない、何時もこの時期からは日本海の海アメゲームへと向かうのだが、これが厳しい釣りになる魚影の薄さ、厳しい天候、初日となったこの日も自宅周辺の天気は穏やかであったが、峠を越えると天候が一変、風が強く雪が時折交じる天候となった。

 開幕戦のこの日、開幕だと言うのに自宅を出たのは10時フィールドに着いたのは11時半頃、気合いの入らない時間となったが、これは個人的事情なので致し方ない、未明の到着であれば何時もの漁港からがスタートなのだが、そこはここ数年アメマスがあまり入らず状況が悪いと思い、開幕当初は比較的アメマスがよく入る少し北の漁港をスタートフィールドとした、結果から言うとアメマスの群れが入って居て楽しい釣りが出来た、サイズに関しては満足できる物では無かったが初日でアメマスの姿を見られたので良かったところであります。



 12月11日 雪

 二日目の釣行も前日同様の時間とフィールド、流石二日目ともなると魚もスレてきたのか当たりが少ない、しかしサイズUPでなんとか海アメらしい魚体が見られて開幕戦を無事終了とした。



 最後に




 今回の釣りの後風をひきそれが長引きこの釣行が2016年最後の釣りとなりました、厳冬期の海アメからスタート、山岳渓流の山菜採り、止水域での釣り、新しい出会い、真夏の道央圏で二年ぶりの釣り、封印していた渓流行くも奥には行けず残念な思いもしました、秋には羆との遭遇しましたが無事一年楽しい釣りが出来たと思います。

 そして今年の釣りのフォルダーは54個有りました、去年より3個少ないですけど、十分釣りを楽しんでいると思います、私の住む近くに釣りが出来る渓流が沢山有ります、しかし河川環境は決して良いとは言えません、人間が手を加えた所は必ず魚の住む環境として良いと言えないのです、でも人が生活するには必要な施設もあるので私は全部否定する事は出来ないとも思っています、これはとても難しい問題であるとも認識してますが、必要として作られた物でも今は必要ないもあると認めていくことも施設を作った管理者がしていくべきだと思います。

 さて思い出深い今年行った渓、そこに棲むトラウト達に感謝を込めて「mountain stream fishing」 2015年最後の更新になります。

 ご訪問くださった皆さん、ブログ『 BOBの釣りつられ 』を覗いて頂いた皆さん有り難う御座いました!これからも宜しくお願い致します。

 毎年同じ事を記しますが、「自然を愛し釣りを愛する皆さんフィールドは大切にしましょう、これからも楽しい釣りをする為に。」
 

  それでは皆さん来る年も良い年でありますように!

2016年12月31日  by BOB
Copyright (C) Mountain stream fishing. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system