ライン

7月3日 巨石を越えて

ライン

 天候 曇り MAX ヤマメ 23cm イワナ 32cm アメマス 27cm

 いよいよ北海道もハイシーズンの7月突入、少々天候は悪く感じたが釣りには全く影響は無い、そろそろこの流域も良い感じでは無いかと、早朝のアタックとなった。

 いつも通り4時起床、渓に着いたのは5時を回る頃、流れは変わった感じである、入渓前半はやはり釣り人も多く入っているせいか反応は良く無い、だが詰めて行くにつれ当たりは多くイワナにヤマメと顔を出す。

 
 
 

 そして巨石帯にいく着く、見上げると雰囲気が違う、昨年の雨の影響を受けたのであろう石の配置が変わっている、ルートを変えて巨石を越える、荒々しい流れから緩やかな流れに変わる。

 ヤマメも奥深く巨石を越えて遡上している、自然河川では当たり前の事なんだろうが、逞しいものである。


 

 そしてイワナ領域へ入る、ここではイワナは群れてルアーにアタックする、数が多すぎて唖然とするぐらいであるが、昨年の大雨から大きな個体は少なく感じた、この日も単独行動であるので深追いは避け中流域へ移動することにした。



 戻り道の林道の様子、数日前の物であろうと思われる、羆の痕跡ここは以前から羆の痕跡の多い場所、周囲を観察しながらの林道通過非常に疲れるお散歩コースである。


 そして中流域の流れ、川幅も広くゆったりとしている、魚影は薄く小さなアメマスと小ぶりなヤマメが迎えてくれる、サクラマスの遡上も見られる。


Copyright (C) Mountain stream fishing. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system