Fishing Report 2011
Report day Weather DATA
2月13日 晴れ アメマス MAX 41 cm
< <  閑散としたフィールドにて > >

 2月も中盤に突入、そろそろ漁港での釣りも終盤に差し掛かる、この時期になるとルアーでは相当厳しい状況となるのは、過去の記録から理解はしている、だがしかし未明の漁港はまだ外せないフィールドなのである。

 そして、同じ行動パターンをなにも考えもなくしている様に思える、この日も全く同じパターンをなにも考えなく過ごそうとしていた。






 何時もの端っこの小さな漁港、私が到着したのは5時丁度、いつもより暗い印象があった、何故だろうとよく考えて見ると、何時も車を停めている場所の外灯ともう一つが点灯していなかったのだ。

 まあしかし外灯が点いて無くとも、毎週来ている漁港内の様子はだいたい判る感じだ、そしてこの日のこの未明の漁港は、夜が明けても私の他にロッドを手にしている人は誰もいなくひっそりとしていた。









 貸し切りの漁港何故か全く釣れる気がしない、到着してから1時間と20分ほどは全く何の反応も無く時が過ぎていた、そして待望の当たりが来たが、フッキングまで行かなかった。

 また数分過ぎた時にロッドに重みが掛かった、『ゴンゴン』やっとのヒット、今回は斜路ではなく左のお立ち台からである、慎重に寄せてアメマスの大きさを確認して、岸壁に抜き上げる40UPのアメマス、この日は全く釣れる気がしなかっただけに、釣った本人が信じられない状況である。






 その後全くアメマスからのコンタクトもなく、移動することにした、この日もまた外海は北風が強くサーフでロッドを振ることは出来ない、毎週末海は時化て何時も通りの漁港を廻ってみたが何処にいっても誰もいない、何処も貸し切り状態であったが、アメマスも不在なのか静かな時が過ぎるばかりであった。





 



 風車裏では強烈な北風が吹き付け、ジグをキャストしても思う様に行かず、最初の漁港に戻って見たが結局なにも起こらず、午後1時を過ぎて終了とした。





Mountain stream fishig
inserted by FC2 system